スポンサーサイト

Posted by D2I on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年クルーズ説明&懇親会のご案内

Posted by D2I on 19.2013 Information 0 trackback
毎年恒例となっておりますクルーズ説明会&懇親会を2014年も開催させて頂きます。
コモド、ラジャアンパット、チェンデラワシ湾、オサガメ、そして毎年行なわれてい
るスペシャルクルーズの紹介等から、プロカメラマンによる各クルーズのダイジェス
トスライドショー、そして航空券やクルーズ券が当たる外れ無しのラッキードロー等
飲んで・食べて・楽しめる2014年クルーズ説明&懇親会です。 
今年はどんなビックニュースが飛び出すか?皆さんお楽しみに・・・

1月17日(金)「クルーズ説明&懇親会in大阪!」
会場:OPEN DOOR(オープンドア)
場所:大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビルB2F
受付:18時30より受付(19時開始)
会費:お一人様6,000円

1月19日(日)「クルーズ説明&懇親会in名古屋!」
会場:BULAN BALI(プランバリ)
場所:名古屋市中区東桜2-21-11
時間:17時より受付(17時30開始)
会費:お一人様5,000円

1月25日(土)「クルーズ説明&懇親会in東京!」
会場:BAGUS PRACE(バグースプレース銀座)
場所:東京都中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館 地下1階
時間:17時より受付(17時30開始)
会費:お一人様6,500円

お申し込み方法は「ツアー説明&懇親会、参加希望(**会場)」と記載頂きまして
こちらのアドレス(☜クリック)迄ご連絡下さいませ!

2013ツアー説明会blg

どなた様でもご参加可能! ダイバー友達を誘って是非皆さんいらして下さいね!
皆様のお越しをスタッフ一同楽しみにお待ちしております!
スポンサーサイト

2013年11月 ラジャアンパット クルーズ報告

Posted by D2I on 12.2013 Raja Ampat Cruise 0 trackback
前の記事と日時が前後しておりますが、2013年11月に行なわれたラジャアンパット
クルーズのご報告を・・・今回のラジャアンパットクルーズは、一週目(11/3〜9)
は天気も良く、大潮廻りにて期待をしつつのクルーズでしたが、大潮廻りにて流れの
影響も強く、その割にはスクーリングフィッシュが少なかったように感じます。
う〜ん・・・なんか今迄と違う感じがしたのですが、出る物は勿論出ておりますよ!

何てったってアイドルの歩く鮫事ラジャエポーレットシャーク、超極小(五ミリ)の
お客様よりゴミ呼ばわりされる(可哀想な)ピグミーシーホース(学名:ポントヒ)
絨毯鮫事タッスルドウォビゴン、勿論ブラックマンタ現れております・・・
この一週目の「なんか、今迄と違う感”」が二週目(11/10〜16)で当ってしまった?
のか南東貿易風が吹き荒れ丸半日ほぼ全ポイントがクローズ状態、悲しいのか?嬉し
いのか?午後から皆さんで海水ではなく酒に浸かる事となりました。 
ただ、こちらのクルーズも上記の通り出るものは出ておりますが、何と言っても記憶
に残るのが数多くのマンタの乱舞でした。 そして、ナイトでは、な・な・な〜んと
生まれたばかりの指サイズのタッスルドウォビゴンが♡(超カワイィィ〜んでござい
ますよ〜もぉ〜)・・・

ウォビゴン指サイズ
たぶん生まれたばかりのサイズ、でもしっかりとヒゲも体の花柄模様も偽装目まで全て大人とおんなじ・・・

加えてラジャの固有種の可能性?があるカエルアンコウをこれまたナイトダイビング
で二個体確認する事が出来ましたが、な・な・なぁ〜んと!その一匹は卵を大切に抱
いておりました。(ウヒョォォォ〜!!)・・・か・カ・感動ぉぉぉ〜”でございます!

カエルアンコウ卵守
エスカが糸状のタイプ、卵を守り岩穴に隠れてました。 これだけもやっとこさの写真! 実は「ワイルド
ライフ」(先日放送しました)の撮影でいらした日本水中映像さんから強くリクエストされていた生物!
このエリアの固有種の可能性があります。今更ですが水中映像さん見つけました!ゴメンナサイ σ(^_^;)


まぁ何はともあれラジャアンパットは天気が悪くても捨てたもんじゃない!と改め
て強く心に刻まれたクルーズとなりました。

来週末から再び二週連続クルーズ!天気が良い事を願うのは言う迄も無いですね!

2013年”特別クルーズ第二弾”秘境マウメレーアロールクルーズ

Posted by D2I on 02.2013 Special Cruise 0 trackback
本年のスペシャル企画”第二弾クルーズから戻りました。
ルートはマウメレーアロール間(1トリップ1週間)を2クルーズ行なって参りました。 
クルーズ行程中にはマッコウ鯨漁の島、レンバタ島のラマレラ村に上陸、そして現在も
噴火音と共に噴煙(時々炎も)上げる活火山の島、コンバ島の噴火口間近の海へダイブ
と言う大変貴重な体験を皆様にして頂きました。

コンバ島blg
噴火口真下の海へダイブ!絶景が広がります。色が無さそで珊瑚も生物も艶やかです。

海の出物は、1クルーズ目マッコウ鯨漁の島の洋上で鯨に遭遇、2クルーズ目は水中で
イルカに遭遇する等あり、また、マクロはレンベ、アンボンに対等する程(ヘアリーフ
ロックフィッシュを始め各種カエルアンコウ、ホワイトVからココナッツ&ミミックオ
クトパス、スタンピーカトルフィッシュ、ゴーストパイプフィッシュ(数種)、ゼブラ
ガニ、カンナやウデフリツノザヤウミウシ、他多数)レア生物まんさいでした。

ラマレラ干肉blg
ラマレラ村では2日前に穫られたシャチの肉が干されてました。村には所々に鯨の骨が放置されてます。

ラマレラ村の子供blg
子供達も遊び道具はツキンボ漁の子供用漁具!女の子が浜辺を持ち歩いてブラブラしてました。

来年の企画物は・・・未だナイショ!
ただ〜し、面白い事間違い無し!皆様の参加をおまちしております。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。