FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by D2I on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年6月29〜オサガメ観察クルーズ

Posted by D2I on 07.2014 Leatherback Cruise 0 trackback
皆さんこんにちは!今回はチェンデラワシ湾クルーズからオサガメ産卵観察クルーズ
へ引き続き行って参りましたのでご報告致します。

マノクワリ港から出航、2日間程ダイビングをしながらオサガメ産卵ビーチへ!途中各
ダイビングポイントではクマノミ好き?にはたまらないレアなイースタンクラウンアネ
モネやホワイトボンネットアネモネ、そしてワヌケヤッコ等も多いエリアでした。
他生物ではパプアに多いピンジャロスナッパーやトラベリースカッド(オニアジ)パ
プアで見つかったと言われるブラッシートラベリー(シマアジの仲間)迄、面白い生
物層を楽しんで参りました。 そうそう忘れてはいけない、とても大きなタマカイ”に
も二カ所のダイビングポイントで遭遇!皆様を楽しませてくれました。

イースタンクラウン
De-淵さんが撮られたイースタンクラウン・・・ほらイースタンの卵が同じ色で目の前に・・・流石ブッチー!

さてオサガメ産卵観察は産卵ビーチの隅にキャンプを設置、皆でビーチ夕食後、夜7
時から2時間毎に1チームずつオサガメサーチ!今回は9時からのサーチで1匹(穴掘
りから産卵&海に帰る迄観察)この1匹以降サーチは希望者のみとなりましたが午前
1時頃にもう1匹、2時半頃更に1匹と合計3匹の産卵を確認する事が出来ました。

2014オサガメ産卵
産卵観察は静かに赤色灯でオサガメに刺激を与えぬように後ろからソーっとです!

2014オサガメ
産卵後の撮影も控えめに・・・世界最大にして絶滅危惧種のオサガメ・・・存在感が違います!


オサガメ観察後はラジャアンパットへ向け航行、この時期ラジャアンパットは南〜南
東の風が強く潜れるポイントも限られますが、パッセージ、ヌーディブランチロック
ファイブロック、ミオスコン等の面白ポイントを巡り、ラジャの特徴的な固有種ラジ
ャエポーレットシャーク(ウォーキングシャーク)から、タッスルドウォビゴン、ピ
グミーシーホース(デニスやポントヒ)等を見、最後はムレムレ魚の中を潜り戻って
参りました。

このクルーズは一週間と言う日程で生物的にも内容の濃いクルーズ、オサガメの産卵
は世界最大のカメだけ有って迫力満点&感動間違い無し! 来年も開催致しますので
皆さん是非ご参加下さいね・・・以上現地からの報告でした。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。