FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by D2I on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年2月ラジャアンパットクルーズ報告

Posted by D2I on 07.2015 Raja Ampat Cruise 0 trackback
2015年1月日本(大阪/名古屋/東京)クルーズ説明会よりインドネシアへ戻り
ラジャアンパットにて連続クルーズが続いておりブログアップを怠っておりました。
(ここラジャアンパットへの最寄アクセス地となるソロンはネット環境がまだあまり
良くなく画像をアップしようもんならランチが食べられる時間が掛かる程・・・汗)
皆さんからは「ちゃんとクルーズしてんの?」と心配される事もしばしば・・(^_^;)
勿論ちゃんとクルーズしておりますよ!
ラジャアンパットの海で潜りまくっております・・・その証拠に纏めて写真アップ!

マンタ2015FEB増淵
イエーイ!マンタポイントでのコガネシマアジ付きブラックマンタ@ブッチー撮影

ヤンブバ2015FEB増淵
この透明感・・・気持ちいいよー!ここはナイトもオススメの面白ポイントです。

ケープマンシュワール2015FEB増淵
サンゴも素晴らしく、そこに集う魚達もい〜ぱい!TV撮影も数回のポイント!

ギンガメ2015FEB増淵
バッファローからバラクーダ、ギンガメは勿論の事、色々ムレレムレのラジャ!

ピクチャー2015FEB常松
マクロも充実、ニシキテグリも初日から出現!ピクチャードラゴネットポイントは
弊社秘密ポイント2ヶ所で観察可能(一箇所は昼間でも出現)撮影@つねちゃん!

ポントヒ2015FEB増淵
ピグミーはポイントヒ、セブレンズ、デニス、バルギバンティ+αと最低四種を皆
さんへご紹介。 興味の無い人にもガイドの虫眼鏡でムリヤリ(笑)皆さん最後は
マクロ好きに・・・(^_^;)

Hボンネット2015FEB増淵
ホワイトボンネットも二箇所で見られます。彼らはもう数年前からの古株でラジャ
の顔でもあります。(超レアタイプも存在♡・・・弊社クルーズでお楽しみに!)

ラジャエボ2015FEB常松
忘れちゃいけない、固有種のラジャエポーレットシャーク(歩く鮫!)も100%
弊社ナイトポイントで保証(皆さんに生簀から出してんじゃないの?と言われます
が、そんな事ありません!実はストレス丸抱えで頑張って見せている訳です(笑)

ベニフウチョウ2015FEB常松
そして、陸上ツアーで野生で見られる極楽鳥「ベニフウチョウ」、早朝ジャングル
ツアーで見られる、ラジャのもう一つの顔でもあります@撮影つねちゃん!

と、言う事でネット環境が悪いと言いながらも画像をこんなにUP”だって今深夜🌙
深夜ならある程度回線が良くなるようです。 まだまだ素敵な写真を2月乗船され
たブッチー&つねちゃん”から提供頂いておりますが、それま又の機会に紹介させ
て頂きます。

では明日から再びラジャの海へ行ってまいります。( ̄^ ̄)ゞ






スポンサーサイト

2014年2月と3月始めのラジャアンパットクルーズを終えて

Posted by D2I on 08.2014 Raja Ampat Cruise 0 trackback
此処の所ラジャアンパットクルーズは天候に恵まれ、素晴らしいダイビングが出来て
おります。 こちらの写真はラジャアンパットの代表的景観ポイントの1つでありま
すパッセージの写真!(今週乗船していたプロカメラマンTOM君の写真です↓)
P3060917のコピー

そしてこちらの写真は2月に乗船頂いたM淵さんの写真↓”パッセージのもう1つの
魅力的ポイントの写真です。 天候と時間(太陽の位置)が物を言うポイントでも
あります。
1D0A3388.jpg

ここパッセージは天候の急変等が多く難しい所でもありますが、今シーズンは素晴
らしい景観が堪能できております。 実はここにはセノーテばりの青の洞窟”そして
鍾乳洞窟やダイビングでしか見られないコウモリ洞窟も有るんですよー・・・是非
皆さん、この素晴らしさをご自分の目で確かめにいらして下さいね!

そうそう、マンタポイント「マンタサンディ」は勿論マンタ(ノーマルやブラック)
が乱舞しており皆様に堪能頂いておりますが、超巨大マンタがクリーニングに訪れ
るポイント(昨シーズンを不発が多かったですが)に再び集まって来ております。
昨日は4枚”グルグルと〜クリーニング!皆さんを圧巻しております。(こちらの写
真も今週乗船していたプロカメラマンTOM君の写真です)
P3071126のコピー

さて今週のCRUISEより新(マクロ)ポイントを導入、初日のダイブより面白出物
揃っております(例:バンデットトードフィッシュ、ニシキテグリやピクチャー
ドラゴネットのメイティングシーン等も時間帯によって見られます)超御期待!

今シーズンも残す所2クルーズとなりました。 本当に面白い海が此処にあります。
来シーズンも皆様の乗船をお待ちしております。

2013年11月 ラジャアンパット クルーズ報告

Posted by D2I on 12.2013 Raja Ampat Cruise 0 trackback
前の記事と日時が前後しておりますが、2013年11月に行なわれたラジャアンパット
クルーズのご報告を・・・今回のラジャアンパットクルーズは、一週目(11/3〜9)
は天気も良く、大潮廻りにて期待をしつつのクルーズでしたが、大潮廻りにて流れの
影響も強く、その割にはスクーリングフィッシュが少なかったように感じます。
う〜ん・・・なんか今迄と違う感じがしたのですが、出る物は勿論出ておりますよ!

何てったってアイドルの歩く鮫事ラジャエポーレットシャーク、超極小(五ミリ)の
お客様よりゴミ呼ばわりされる(可哀想な)ピグミーシーホース(学名:ポントヒ)
絨毯鮫事タッスルドウォビゴン、勿論ブラックマンタ現れております・・・
この一週目の「なんか、今迄と違う感”」が二週目(11/10〜16)で当ってしまった?
のか南東貿易風が吹き荒れ丸半日ほぼ全ポイントがクローズ状態、悲しいのか?嬉し
いのか?午後から皆さんで海水ではなく酒に浸かる事となりました。 
ただ、こちらのクルーズも上記の通り出るものは出ておりますが、何と言っても記憶
に残るのが数多くのマンタの乱舞でした。 そして、ナイトでは、な・な・な〜んと
生まれたばかりの指サイズのタッスルドウォビゴンが♡(超カワイィィ〜んでござい
ますよ〜もぉ〜)・・・

ウォビゴン指サイズ
たぶん生まれたばかりのサイズ、でもしっかりとヒゲも体の花柄模様も偽装目まで全て大人とおんなじ・・・

加えてラジャの固有種の可能性?があるカエルアンコウをこれまたナイトダイビング
で二個体確認する事が出来ましたが、な・な・なぁ〜んと!その一匹は卵を大切に抱
いておりました。(ウヒョォォォ〜!!)・・・か・カ・感動ぉぉぉ〜”でございます!

カエルアンコウ卵守
エスカが糸状のタイプ、卵を守り岩穴に隠れてました。 これだけもやっとこさの写真! 実は「ワイルド
ライフ」(先日放送しました)の撮影でいらした日本水中映像さんから強くリクエストされていた生物!
このエリアの固有種の可能性があります。今更ですが水中映像さん見つけました!ゴメンナサイ σ(^_^;)


まぁ何はともあれラジャアンパットは天気が悪くても捨てたもんじゃない!と改め
て強く心に刻まれたクルーズとなりました。

来週末から再び二週連続クルーズ!天気が良い事を願うのは言う迄も無いですね!

ラジャアンパットシーズン開幕です。「先生”お願いします!」

Posted by D2I on 31.2013 Raja Ampat Cruise 0 trackback
さて、先週末で今シーズンのコモドクルーズも終了、相変わらず素晴らしい海を見せ
てくれたコモドでしたが、早々に今週末よりラジャアンパットシーズンの始まりです。

ラジャアンパットと言えば固有種の数々、さて今シーズンはどんな感じの海況&生物
層で始まるか?僕らも大変楽しみにしております。

僕らにとってシーズン始めのワントリップ目は期待に胸を膨らます時でもあります!
僕らの好きなあっちのポイントやこっちのポイント、ラジャは毎度期待を裏切らない
海だから余計にです・・・今回はアメリカの魚類学者マークエルドマン博士からの資
料提供も受け、学名も付いて無い新種の固有種&ETCも紹介してまいります。(諸事
情で映像はもう少ししましたらブログにでも紹介させて頂きます!)

所で今回のラジャクルーズはシーズン初めから魚の生態プロカメランの大方洋二さん
が乗船されます。 毎年9月のコモドと11月のラジャでお会いする事が多かったので
すが、例の「水中ミステリーサークル」でBBCやら「ダーウィン」等のNHK撮影と忙
しかった様で、今週末より纏めて3週間(ラジャ2クルーズ&スペシャルトリップ迄)
乗船頂きます。 乗船される皆さんはお楽しみに〜・・・

最近の大方さんの写真、凄いぜー・・・愛しちゃってるぜ〜ベイビィ♡(笑)
大方コモド

と、言う事でクルーズレポートもお楽しみに・・・

2013年GWラジャアンパットクルーズNo.1

Posted by D2I on 04.2013 Raja Ampat Cruise 0 trackback
さて本年の弊社GWクルーズは2船体制にて、1船はコモドにてクルーズ、もう1船
はラジャアンパットでクルーズとなりました(今回は滅多に無い2船体制のクルー
ズです!)

さて、今回僕が担当するクルーズはラジャ、ロバート&エミリー組が担当するがコ
モドにて、先にGW1本目のラジャクルーズの報告から・・・

ラジャは相変わらずの賑やかな海にて期待は裏切りません!皆さん珊瑚や多種の生
物層、各固有種等に満足頂いたと思いますが、やはりこの季節になって来ると透明
度がイマイチ・・・それでも、ほぼ好天に恵まれ、パッセージではMagicを見せて
くれました。(素晴らしいの一言”)、マンタもブラックしかり、数が出て皆さんの
間近を廻ってくれました。

そして今回のミソはナイトにありました。(笑)
思わずゲストの○瀬様のコンデジを奪い取り、写真を撮りまくってしまいましたが狭
い穴の奥、上手く撮れなかったです。 (T-T)(○瀬様、カメラ奪い取ってまで撮った
のにごめんなさい !)そんな被写体とは?ヽ(≧∇≦)ノキャー♪”たまんなくカワイイ〜ッ
と1人喜んでた僕でした σ(^_^;)

ナイトではそんな浮かれ姿を見つめるもう一つのつぶらな目が・・・
DSC_4113 (1)
固有種の歩く鮫事”ラジャエポーレットシャーク(ウォーキングシャーク)今年も弊
社オリジナルポイントで100%の遭遇率ですよ〜!

さて、ラジャで操業しているクルーズ船も極端に少なくなり、皆南下し多くはコモ
ドへ移動している様です。
弊社ラジャアンパットクルーズも、もう1クルーズで一区切り、次は本年11月から
の再開となります。
本当に期待を裏切らない素晴らしい海です、是非いらして下さいねー!!
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。